女性

まず保湿を優先したケアを

肌に潤いがなく脆い状態

女性

様々な肌の悩みの中でも、多くの人が抱えているのが乾燥肌です。脱水症状や体調不良といったものから、加齢によって保湿成分が失われたり、あるいは化粧品が肌に合わなくて乾燥することもあります。乾燥肌はドライスキンとも呼ばれ、その特徴として角質の水分含有量が減少している状態です。その原因は加齢や体調不良などで、角質細胞間脂質の減少や皮脂分泌量が低下しているためです。外観の特徴は肌の表面のうるおい感がなく、柔軟性もないため肌が脆くなっています。このように肌が弱っており、敏感になっているため乾燥肌の方の化粧品選びでは低刺激のものを選ぶことが基本になります。クレンジング剤から化粧水、美容液まで、全て低刺激で保湿成分が多めのものが理想です。

刺激の強い成分は避ける

美肌のためには保湿ケアが一番重要です。乾燥肌の方は特に保湿ケアを入念に行う必要があります。そのための化粧品選びのテクニックを知って自分の肌に合ったものを選ぶことで、効果的な乾燥肌ケアと対策ができるはずです。乾燥肌の方が化粧品を選ぶ場合の最初のポイントが、なるべく刺激の強いものは避けることです。乾燥肌は肌のバリア機能も落ちている状態なので、ちょっとした刺激がさらに肌のコンディションを落とすことになり兼ねないためです。避けた方が良い成分としては、アルコールや着色料、香料などの含まれた化粧品になります。また近年流行しているオーガニック化粧品や、ナチュラルコスメは肌に優しいためおすすめですが、配合成分によっては刺激になるものがあるので、十分成分を調べて購入するのがポイントです。